手すりを取り付けて快適な暮らしへ|事故なし怪我なし安全ハウス

ワーカー

事故を防ぐために

作業員

今日本では安全の為に、手すりを取り付けたエクステリアが人気だと言われています。手すりを取り付けることによって、足腰の弱いお年寄りやでも安全に過ごすことが可能なのです。

暮らしに関係する

住宅

団塊の世代が定年を迎えた。というニュースが報道され早数年、今まで高齢だった方はさらに高齢に、そして今後ますます高齢者の人口は増えていくものと推測されています。そこで顕著になってきたのが、「お年寄りや身体の不自由な方のための」設備や機能などの普及です。電車の駅などに行けば必ずと言っていいほどエスカレーターやエレベーターの設置が見られますし、段差のあるコンビニなどでは、階段の横にスロープなどを設置し、車いすの方でも便利に行き来することができるよう、工夫が見受けられます。

私達が人間である以上、避けられないのが「歳を重ねる」ということです。今は若々しくて体力もあり、外見にも自信がある、という人でも、必ず歳を取ります。最終的には老化、お年寄りになるという運命です。また、身体の不自由な子どもが生まれてくる可能性はどの家庭においてもあり得るといって過言ではありません。場合によっては車いすが必要な生活になるかもしれません。
そういった場合に備えて、エクステリアについて考えたり、例えば手すりの取り付けを考えたりすることは、より身体に安全で優しい暮らしの維持に繋がっていきます。あなたのご両親もいずれはおじいちゃん、おばあちゃんになります。あなたも、です。安全な暮らしについて改めて考えることは大切です。快適で安全な暮らしづくりを行ないたいという方は、是非室内工事を承っている業者に依頼して手すりなどを取り付けしてもらうと良いでしょう。

怪我を防ぐために

インテリア

お年寄りは足腰が弱いので、普段の日常生活において自宅内で怪我をする可能性が高いです。自宅内で怪我をしてしまう原因は、階段の踏み外しなどが挙げられます。階段の踏み外しを防ぐためには、リフォームなどで手すりを取り付けると良いでしょう。

設置するときの考え

家

エクステリアをリフォームする際において手すりを設置する場合、主に階段・段差などに付けると思いますが、右手で掴むのか左手で掴むのかによって大きく位置は変わります。