手すりを取り付けて快適な暮らしへ|事故なし怪我なし安全ハウス

室内

事故を防ぐために

作業員

最近の住宅においてよくみかけるようになったのが、エクステリアの新調です。エクステリアとは、住宅における外観を指していて、様々なデザインで施工することが可能です。例として多いのは、住民の年齢が上がり、身体機能の衰えによる転倒などを防ぐために、階段からスロープにしたり、手すりを取り付けしたりするものです。元々身体の不自由な方が住んでいる場合にも利用されています。

昇り降りが必要な階段等のある住居において、手すり取り付けてあるエクステリアに変更することで、思わぬ転倒事故を防ぐことができますし、より安全な住まいに生まれ変わります。たかが手すりの取り付けと思われるでしょうが、されど手すりです。転びそうになった時、とっさに支えになるものや掴むものが無ければ、怪我に繋がってしまいます。お年寄りや身体の不自由な方はもちろん、足元の不安定な小さなお子さんのためにも手すりを取り付けるなどして、エクステリアをユニバーサルデザインに変えることは、大事な人を守ることに繋がり、そして新しい外観になることで気持ちが良くなったり、ご近所の方から好感を持たれる要素になります。家の建て替えまではできない、けれども、もっと安全な住まいづくりがしたい、そう考えている人のために、今、多種多様なエクステリアが提案されているのです。